育ち

万人に平等なものは時間だと思う。
けれど、子供は親を選べないし、
平等という言葉は、生まれた場所・環境で左右され
あまりリアリティがない気もする。

先日、知人との会話の中で
「自分は貧乏で育って、学校は全部自分で行った」
「ゆるく育ったやつらとは違う」
という発言がありました。

大変な努力をしてきたのだと思う。でも、
豊かな家庭に生まれた人も「選んで生まれた」わけでなく、
その人が悪いわけでもないと思う。

人にはそれぞれ、違いがあって、違いを認め
尊重し、自分は自分の道を進む。人はその人が選んだ道を進む。
それでいいんじゃないのかな。

力強い思いももちろん、否定はしないけど、
自分の考えと人の考えは違いが合って当たり前ですもんね。

こんな考えは、年を取った証拠だなとおもう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle