「都合のいい」私

よくお食事をしていた数少ない友人も、先日結婚を機に
遠くへ引っ越してしまい、最近はもっぱら知人男性とのお食事が多くなりました。

でも、男性と女性って話題が違うんですよね。

私は、ネイルサロンにいるイマドキのかわいい女子たちの話は
若干ついていけないけど、新鮮でとっても楽しくて
知人男性バツイチさんとの会話は、会社に向かう途中に
トイレが我慢できないかもと思った話。
ギャップあるなーと思います。

だけど、その方は飽きもせず(失礼)毎回
小学5年生のような話。
私の機嫌のよろしいときは、「前の日何食べたの?今は大丈夫?」と
やさしく接することができますが、
疲れているときは「ふーん」「もう、聞きました」と
ドライな対応してしまってます。

これ、女性相手にはなかなか、できないんですけどね。

人と、会話がしたくってだけど、一人暮らしだと
会社の人には言いにくいこととか、つまらない雑談を
だけど、誰かに話したい。
こんなときに「都合のいい私」は呼び出されて、お茶したり
ご飯を食べたりしています。
私って都合よく使われてない?って思う反面
適度に人と接する機会がないと自分もやっぱり寂しくて
私も「都合がいい」のだなと、最近思う次第です。

明日はバレンタイン。一応その方にも義理チョコを。
もちろん私は、自分宛本命チョコ買いましたよ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle