お洋服を13枚処分

普段、シンプルで上質(・・・私の中で、です)なお洋服に
シフトしてから買い物は随分減りました。
一度買ったら5年から10年。
コートは長いものでは20年以上着ています。
でも、定番だからあまり抵抗もなく、着ない年もあれば
また次の年に着たりします。

しかしながら、繰り返し繰り返し着たお洋服は丁寧に扱っても、
洗濯を繰り返して生地が破れてしまったり、白が白でなくなったり、
体型そのものが合わなくなってしまったり、
クリーニングも10回以上したらさすがにかなり縮んでしまったり、
はたまたゆるニットは延び延びで緩々になんてこともあり、
本日はかなり処分しました。

13枚をそのまま捨てるなんてもったいないので
いつも百貨店やメーカーのイベントでお買い物券になる時に
処分しています。今回もオンワードの引取りと、
ワールドの引取りでかなり処分できました。

明日はそれ以外に、リサイクルショップにほぼ履かないブーツなど
出しにいこうかと思っています。
若いころはブーツも何足も欲しかったけれど、
最近、足は2本だと感じます。
スポンサーサイト

抹茶パフェを

20171008-1

おいしそう。。ではなくて、
キョウトタワーサンドで、食品サンプルの体験ができます。
でざいんぽけっと

初めての食品サンプル

子供の頃の図画工作の気持ち。。。

キョウトタワーサンドでは、他にも生八橋や和菓子作り。握り寿司など
いろいろな体験ができます。

金閣寺に行きました

金閣寺(正式名称金閣寺 )に行きました。

学生の頃、三島由紀夫の「金閣寺」を読んで、
絶対に行こうって思った記憶がありますが、
なんと、本当に行ったのは初めてです。

金箔を張り替えたニュースを聞いて
まだ数年前のような気がしていましたが、実は1987年に張替えされていました。
私が金閣寺を読んだきっかけは実はこのニュースだったのかもしれません。

20171008-3

100円の一文字写経も体験してみました。

拝観料を納めると、入場券の代わりにお札をいただけるのも
ありがたいです。
これから紅葉のシーズン。普段でも世界中から観光される場所なので
また賑わうのでしょうね。

放置しても積み重なるもの

放置して、積み重なるもの。

ごみ
そして固定費です。

先日やっと、携帯のプランを今の利用状況に適切なプランに
変更してまいりました。
これで月3000円程度固定費の削減予定。

これで、3000円程度の外貨積立でもしようか
検討しています。
変更後のプランの請求になったら、開始すると
今までの感覚のまま、お金が貯まっていく予定。
日本円の積み立ては、預貯金としてここ何年もずっと
堅実な道を歩んでいるつもりですが、
外貨は世界情勢の変動もありますし、小さく一喜一憂。ぐらいでしょう。

プラン変更による浮くお金は
「浮いた!」と思って使ってしまっては意味がないので
放置して積み重なるお金にしたいと思います。

お仕事

私の頭はそれほどよろしくありません。

たいした学校も出ていないし、一生懸命勉強する子供ではなかった。

けれど、一応お仕事は一生懸命働いています。

職場には、合わない人もいます。
合わない人の方が多いです。
嫌いな人もいます。
というか、好きな人はそんなにいるのだろうか?と。

けれど、仕事に行く目的は、友達を作ることではなく
今雇用契約のある会社に、お給料をもらう為。
会社の仕事が順調に業務をこなすことで、会社に利益が出て、
ボーナスに反映したりする為。
嫌いな人の力も業務を遂行するために必要な為。

比較的、割り切って働いています。

何度目かの転職で、今の気持ちになりました。
嫌いな人もいるけれど、私だって誰かに嫌われているだろうし、
好きな人同志集まってもお給料もらえない。

単純に仕事は楽しいだけではないということ。

なのでしょうかね。

たまに、というか頻繁に人と口論をするようになりました。
「偉そう」になっていると反省すべき点もあり、
「嫌われたって、伝えるべき」と思う点もあり、
「更年期障害かしら?」と、角度を変えるときもあり。
でも、次の日、いえ2分後には普通にお話できるような
自分で居たいとおもいます。

カシスムース

身の丈

お客様のお盆休みも終了し、夏の終わりが近づいてきました。

残暑が厳しい予想ですが、少し過ごしやすい毎日です。
私は会社がとても涼しい温度設定にされているので、
本当に暑い時間に外にいないので、実感が薄いのかもしれません。

先日は甥っ子たちにあったり、ご先祖様にご挨拶する為、
実家に戻っておりました。
お土産を買ったり、ボーナスの一部を
実家に納めたりと、お金の動き自体も夏の行事をほぼ終了し
8月の家計簿を整理中。

今月はやイベントの為の出費が多く、交際費や食費は
7月までに比べると控えめ。
・・・のように思えるのですが、
実際、よくマネー雑誌に載っているお手本のような家計簿の
食費や、交際費とはかけ離れたものになっています。

「身の丈」に今の家計簿というか、お金の使い方が
適しているのか、考えてしまいます。
1円を大切にする気持ちはありますが、使うところには「使う」
納得してるものは「定価で買い、大切に使う」
「人とのつながりはお金では買えない」と、
自分の中で、ここ数年軸になる考えがあります。

実際、貯蓄や節約は大切ですが、それを最優先にしすぎて
ストレスをためすぎたり、友人関係が壊れたり
いつもイライラしていたり・・・と、マイナスな要素をいつもいくつも
抱えているよりも、精神的に安定していることが
とても大事だと感じています。

家計簿も、お金の流れを把握する以外に
日記のような役割もあり、人と比べるものではないのかもしれません。

世の中の多すぎる情報に惑わされることなく、
自分の「身の丈」で過ごしたいと思います。

元気を出すには

暑い日が続いて、すっかりエアコンが手放せなくなりました。
我が家は関西電力のお世話になっておりますが、
最近ちょっとだけ安くなったので、ありがたいです。

さて、元気を出すにはコレでしょう。
20170813-10

私はステーキの中では「ひうち」という部位か「シンシン」という部位が好きです。
いつもあるわけではないんだけど、
今回は「しんしん」を頂きました。

赤身で、脂身が少なくて私は大好き。
元気が出ます。力が出ます。
贅沢だなとおもうけど、日々このためにがんばっているとおもいます。
私、化粧品にたくさんお金をかけるよりおいしいものを食べて
ストレスを発散するほうが、美肌でいられると
本当に信じてるんです。
美肌かと問われると困りますが。

疲れがたまっても、精神的な満足度が高いのです。
私にとっててはステーキは大満足な贅沢です

それと、もう一つネイリストのお姉さんにオススメされて
20170813-11
「幸せのパンケーキ」ちょっと並びました~。
おいしかったけど、ボリュームがすごいですね。
女子って感じでした。
たまには女子取り戻さないとね。

念願の竹田城

三連休二日目の夜は深酒せずに、三日目に備えて早く休みました。
この私が。

そして、ずっと来たかった竹田城へ。
そんな城ガールではありません。改めて。
そして宮崎ファンでもありません。

けれど、なんだか惹かれますよね。
20170813-1

一度展望台のほうへ。
本当は、秋がベストシーズンなんですよ。空気が澄んでいるそうです。
私は雨上がりに行ったので、うっすらと雲がかって。
それはそれで雰囲気がありました。
20170813-220170813-3
20170813-4

20170813-5

とても蒸し暑い日で、城跡そのものにはほとんど休むところもないんです。
ただ、こうして昔の人が城下の人々を見下ろしながら
守るべき大切なものをものを守っていたのだとおもうと、
形は違えど、今も変わらないものなのだと
感じたり。
汗をかきながら、感慨深い気持ちになりました。

暑かった姫路城

20170806-2

とっても暑い時期だったので、今年初めてカキ氷を食べました。

レモン氷。

懐かしいな。

そういえば、こんなのも楽しめました。
20170806-3
こうのとりでした。

翌日は蒸し暑い中、竹田城へ。
同じ兵庫県ですが、ずいぶんと姫路からも遠かったです。

7月のイベントは

このところ、プライベートでじっとしているのがもったいなくて
7月の三連休は姫路城と竹田城を見に行ってきました!
20170806-9.

姫路城は長く大改修していたのですが、その後真っ白になった!と
うわさに聞いていたので言ってみたいなぁとおもっていました。

三連休はホテルもとりにくそうかなとおもっていましたが、
一週間前でも駅近くのホテルがお手ごろ価格で
行くしかないって勢いついてしまいました。
わたし、予定立てるの苦手なタイプで。

貯金の予定を立てるのは大好きなんですが、
旅行は予定をたてずに、その時おもったときにおもったところへ赴いて
食べたいものを食べるのが好きみたいです。

姫路城の敷地はとってもひろくて、暑い日だったので
ゆっくり休憩しながら楽しみました。
20170806-11

千姫の悲しいお話も熟読。歴史はそんなに得意ではないけど、
そんな私でも楽しめました。
テレビ「お城ツアーズ」の影響も大きいかな。

姫路でのお楽しみは、姫路城 
20170806-4.
20170806-5

あなご 姫路おでん
20170806-8
 日本酒 ということで
満喫しました
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle